洛西ラグビースクール

アクセスカウンタ

help RSS チームRAKUSAI24卒業

<<   作成日時 : 2010/03/15 20:14   >>

トラックバック 0 / コメント 1

平成22年3月14日(日)洛西ラグビースクール第24期卒業生は花園ラグビー場で行われた卒業記念親善試合に参加。
当日は朝早くから大型バスに乗り切れない程のコーチ、5年生と卒業生保護者からなる大応援団がJR長岡京駅に集結。バスの車中では、選手たちのテンションはいやが上にも盛り上がった。
第1試合の相手は箕面ラグビースクール。5年生の時に負けている相手、ここはきっちりと借りを返さなくてはいけない。
キックオフ、左オープンでWTBがいきなりの独走トライ。幸先のいいスタートだが、どこか動きがぎこちない。選手全員緊張の金縛りでボールが手につかない。『このままではやられる。早く追加点を』と思ったところでラインアウトからロングスローが見事に決まり、BKにつないでトライ。後はFW、BK一体となって縦横無尽に暴れ回り、終わってみれば、60対0で快勝することが出来た。第2試合の相手は第2回ヒーローズカップの2位、3位対決を制した芦屋ラグビースクール、4年生の時以来の対戦である。
キックオフから洛西FW、BK一体となって芦屋ゴール前になだれ込む。『いい調子だ。1本トライを取れば流れに乗れる』。そう思ったのも束の間、相手は多くの修羅場をくぐってきたチーム。一瞬の隙を見逃さず、強烈なタックルでボールを奪い、トライを重ねていった。ハーフタイム、コーチの檄が飛ぶ。『ピッチに立っている9人はタックルで選ばれた事にブライドを持って闘え!』
後半、赤い津波となって押し寄せて来る芦屋の攻撃に怯む事なく、真っ向勝負でチーム一丸となってタックルに入った。試合結果は0対50。点差は開いたが選手たちの目に涙はなかった。Now&Here、今ここでしか出来ない事を選手たちは全て出し切ってくれた。昨年4月に立てた『最後の花園で2勝』の目標はかなわなかったが、胸を晴れる1勝1敗であった。
選手たちの長い人生の中で今日の1日は短い時間だったかも知れない。しかし、洛西ラグビースクールの緑のジャージをまとい、チームがひとつになって最後まであきらめずに闘った事は決して忘れないであろう。卒業は終わりじゃない。キャプテンを中心にチームRAKUSAI24、新たなキックオフの笛が鳴る。
BYパピー

第一試合 vs箕面ラグビースクール
画像


第二試合 vs芦屋ラグビースクール
画像

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

トラックバック用URL help


トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

自分のブログにトラックバック記事作成 (会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
保護者の方から送って頂いた写真を貼りました。
天気がよかって何よりでしたね。
4月にはもうこの子たちがいないと思うとホンマ寂しい・・
自分の学年がずーっとお世話になってたからなあ。
三宅チーフ、中学からまた追っかけしたって下さい。
卒業は終わりじゃない。
竜笛
2010/03/16 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文